心からの御機嫌よう
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Profile
Mobile
qrcode
読書メーター
なないろの最近読んだ本
☆お薬服用中☆
<服用中>
エビリファイ 6mg
リボトリール 0.5mg
ダイエット記録はこちら
ブログ型ダイエット日記サイト『ダイエット☆マメグラフ』
Other


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
節分


福豆と桜もち


節分ですね。

まだまだ寒いけれど立春と思うと春が近づいてきたみたいで嬉しくなります。

桜もちは近所の和菓子屋さんのものなんですが毎年この時期に苺桜もちをだしてて、白餡に苺の入ったこの桜もちがこの時期とても楽しみです。

寒い季節がつづくのはしんどいですがこの季節しか楽しめないものもあるのでそんな楽しみを味わいながら春を待ちたいと思います。


体調の方はあんまりで、、咳はずいぶんでなくなってきたんですが、頭痛がひどく。そして気持ち悪くてと。。


いつになったら良くなるのかなぁ。。




| マイコプラズマ感染症と免疫のこと | 20:20 | comments(0) |
セカンドオピニオンと最終結果

インフルエンザの追い討ちにあった後、もともと1月24日の木曜日は仕事が休みだったので他の病院でも咳の件を見てもらおうと予約をしていたのでした。

ずっと近所の病院へいってましたが検査等の機械を考えるとできないものもあるんじゃないかと思い。


そんなわけで病院へ。紹介状とかはなかったので経緯はすべて紙に書いていきました。


結果、感染後咳嗽でほぼ間違いないという診断。結局検査もなにもせず。。。あとは現状薬の飲みすぎで過去のDHISの経歴を見た先生曰く、強い薬を飲んでも治るものじゃないし私の場合は副作用のリスクのが高いから全部やめていいよとのこと。

シムビコートとタミフルのみで他は咳が強くなければ飲まなくてOKとのことでした。

結局、今までの咳が百日咳かマイコプラズマかはわからずただどっちにせよクラリスロマイシンが第一選択肢であり、それをすでに飲んでるので菌はもういないだろうし、インフルエンザ肺炎もその年齢であればまずならないからといわれました。ただ咳自体は正直治るのは時間がかかるのでだんだんしか良くならない。長期でみてくださいと。


なんだか結局私が心配しすぎたんでしょうか。。。ただの風邪の後遺症での咳と運悪くインフルエンザに二次感染して。。。という感じだったらしいんですが、でもそれにしちゃつらい咳だったなと。


このセカンドオピニオンでは感染後咳嗽と言われましたが、どうやら感染後咳嗽は結局のところ他に原因がみつからない場合の咳の診断で、

近くで通っていた医師の診断は咳喘息だったんですが、その違いはおそらく近所の医師は私の咳が今までの経緯でステロイド吸入で緩和されたのをみてるからというのがあるからかなという違いでした。


どちらが正しいではなく、気管支の炎症は長く回復までかかるもので人によって2ー3ヶ月徐々に出なくなっていくという経緯で自然に回復するそうです。なので感染後咳嗽にしろ咳喘息にしろ長く続くもので私が早く良くなろうと焦りすぎてしまったのがいけなかったんだなと先生に言われたことを考えながら家に帰って反省しました。。何事もあせってはいけないし心配性なのは私の悪い癖だし。。と落ち込みます。


ただこんなに辛い咳がでたのは初めてで夜に寝れないほどなのも徐々に悪化するのも一人で苦しむのも不安で辛かったです。

でもいい勉強にはなったかなとも思いながら。色々考えすぎて悩みすぎるのが自分のよくない癖なのでほどほどに考えて肩の力抜くぐらいで楽に何事もこれからは考えていこうと思います。


処方についてはとりあえずタミフルは飲みきるのと残りの咳の薬についてはある分は飲もうかなと。家に残しても仕方ないし。ただそれ以降は咳が続くようならばおそらく咳喘息なんだろうし再受診してもらえばいいし徐々に消失していくならそれでやめてしまっていいかなと。先のことはその時に考えればいいと思うようにします。

現状は発作のような咳はなく、インフルエンザの影響がつよいためかどちらかというと湿性の咳ででても苦しくないので。乾性の咳ってなんであんなに苦しいんでしょう。。


新年そうそう色々と大変でしたがひと段落…まだ治るまでには時間はかかりそうですがゆっくりと。自分の身体は自分でつきあっていくしかないですから。多分それは身体も、気持ちも一緒で。ちゃんと心身の声をきいて、向き合っていかなければならないなと思いました。

| マイコプラズマ感染症と免疫のこと | 14:44 | comments(0) |
咳の悪化とインフルエンザの追い打ち

土曜日に処方薬を変えてもらい、だいぶ咳は楽になったと思っていた週末でしたが、月曜にまた酷い乾いた咳が止まらなくなりました。

夜にかけてひどくなり、吸入薬もほぼきかず。昨日こんな事無かったのにと思いながら。しかもマスクをしてると咳が酷くて咳をした分の酸素が取り込めず酸欠で苦しい。

吐きそうな程のひどい咳と頭痛、息を吸うだけで刺激になって咳込んでしまう状態で咳の分だけ肋骨がいたいというひどい状態で。夜はとりあえず吸入薬を吸って座ってる状態なら少しは落ちついたのでそうしてました。横にもなれずでしたが前回のすごいつらかった日は座ってても酷かったのでその時よりかはまだましでした(;ω;)

 

前回も土曜に処方されたクラリスロマイシンの後に火曜水曜に症状悪化していて、今回もまた飲んで同じ状況なのでこれが原因??

と思いとりあえず土曜にもらったクラリスロマイシンとカルボシステインを翌朝は抜いて。朝になったらだいぶ咳も落ちついてその後はひどい発作はとりあえずありません。

 

ただ抗生剤を途中でやめてしまうわけにもという事で病院へ。

 

かれこれ1ヵ月以上の咳と戦いながらここまで来て悪化という事態にさすがにもう精神的にも不安になってしまっていつ治るんですかと先生に相談するも喘息も一番強い薬をだしてるし、気管支の炎症は長く続くからこれ以上どうすることもできないと・・・。

原因も一概には言えないし可能性を排除するしかないとのことで。とりあえずインフルエンザはやってるし検査しましょうと検査へ。熱は37度ちょっとしかなかったので不満ありつつも検査(あの検査ほんとめちゃくちゃいたい)したところA型陽性反応。。

追い打ちをされた気分でもう結果を見て言葉もでませんでした。先生もなんかもう憐れむような目。

とりあえずクラリスロマイシンが不安なら飲まなくていいからタミフル飲んでインフルエンザの対処をしましょうということになり。もう咳で限界に痛い脇腹と腹部痛については痛み止めで対処ということになりました。

(インフルエンザには鎮痛剤よくないっていうけど大丈夫と聞きましたがこの先生の方針的には別に大丈夫と言われロキソニン飲んでと言われたのですが、薬局では止められていやでも先生の指示なら・・・みたいな曖昧なことを言われ・・結局鎮痛剤はのめてないです。現状痛みとの闘い・・・)

 

経過を整理すると12月のはじめから風邪→咳喘息→マイコプラズマ感染症→インフルエンザ?みたいな感じなんでしょうか・・ひどすぎやしませんか・・神様。

 

とりあえず現状はインフルエンザの症状はほとんどなく(最高でも熱が37.2度のインフルってどうなんでしょう・・)それはよかったのか、私の免疫がもうインフルエンザウイルスと闘う気力がなくて免疫反応起きてないだけな気もしますが・・。今は咳の発作と肋骨の痛みと闘ってます。涙。

咳は動いたりするとどうしてもでますが、そーっと静かにしてれば頑張って止められる・・苦笑。ので、気を付ければ断続的にでることはなく大丈夫な感じなのでこれで今週いっぱいは仕事休めてとりあえず助かったのかもしれません。ただ一回の咳のダメージが大きいのと、横になると発作が起きるので寝れない・・。昨日も寝れてなくて眠くてしんどいんですが寝落ちると咳で苦しくて起きてしまう状況だしなによりもはや咳がでなくても骨が・・痛すぎる。なんか絶対やばいとこの骨折れてるきがする。

 

とりあえず呼吸のことなので苦しくなったら迷わず救急車呼んでいいですからねと言われているので。なんかあったらその時はその時。今週は良くなることを祈りながらじっとしてたいと思います;;

| マイコプラズマ感染症と免疫のこと | 14:01 | comments(0) |
マイコプラズマ感染症と続く咳

お久しぶりです。

 

DIHS以降元気に過ごしていたわたしですが、最近ちょっと体調不良になったのでそのことのお話を少し書いてみようと思いました。

過去の免疫のことと何かつながりがあるのか・・いやないのか。よくわからないですが、正直普通の風邪というには???という状況で普通の一般の人が起こすには???というような確率に思えたので、もしかしたら私の免疫関連が何か関わってるのかなと思って自分のためにも経緯を残しておこうと思います。

続きを読む >>
| マイコプラズマ感染症と免疫のこと | 16:16 | comments(0) |
1/1